雄町(おまち)って地名?人名?

0
     昨日の雨は「花散らしの雨」になってしまいました。

    今日は関東・東北で春の嵐になってるそうですね。
    台風以外の大風は警戒が少ない分、怖いものです。

    今日の博多駅前、配達中信号待ちのチューリップ。

    すっかり「花の美しさ目を奪われるオヤジ」と化しています。

    「女性の美しさに目を奪われる」のは相変わらずです(笑)


    タイトルの「雄町」

    日本酒ファンの方は先刻ご承知でしょうが、
    一般への浸透はこれからだと思います。

    酒造好適米の名前で、発祥の地とされる
    現在は岡山市の雄町という地名からきてます。


    穂の高さが約180センチにもなるドでかい稲です。
    粒も大きいです。

    1859年(安政6年)、岸本甚造という人が今の鳥取県の
    大山(だいせん)に参拝の帰路、珍しい稲穂を見つけ、
    二穂を分けてもらい雄町で栽培を始めました。

    上記、資料には簡単に書かれていますが、
    人間は歩く速さが一番発見があるという、
    忘れがちな大事な事を思い出させます。

    車で移動じゃなかなか気付きませんよね。

    甚造さんが大山の麓の稲穂に関心を示さなければ、
    「雄町」は存在しなかったかも知れません。

    1866年(慶応2年)、「二本草」という名前で酒を造ったところ
    その香りと味のよさが評判となり、栽培が広まり昭和の初期
    まで酒米の王者だったようです。

    麹が入りやすい米粒の中心の心白が大きく
    ふくらみのある味わいの素晴らしいお酒になります。

    しかし、栽培が難しい上、背が高く風に弱い為、
    「雄町」を品種改良した「山田錦」に酒米の王者と
    奪われ次第に衰退していきました。

    昭和40年頃には絶滅の危機に瀕していたそうです。

    しかし、岡山の心ある酒屋さんのグループと酒蔵さんが
    雄町で造る酒を復活させ、酒質の良さが再評価されました。

    すっきりとしたお酒を造りやすい「山田錦」よりも
    味のふくらみがあり、違った良さがあり人気上昇中です。

    その「雄町」が間もなく入荷します。

    こちらは、福岡県糸島産雄町が原料米です。


    繁桝(しげます) 雄町特別純米 生々

    福岡県八女市   高橋商店

    1・8L  2500円   720ML  1250円
           (いずれも税込み)

    来週入荷予定です。

    もう少しお待ちください!

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • ロックで美味しい「繁桝 辛口純米吟醸 壱火」と「ちいさい夏」
      蔵人もどき (08/09)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      原酒店 (08/02)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      蔵。 (08/01)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      原酒店 (08/01)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      蔵人もどき (08/01)
    • 「破壊王」と「夏のみ千鶴」と高い緊張感?
      原酒店 (07/25)
    • 「破壊王」と「夏のみ千鶴」と高い緊張感?
      蔵。 (07/24)
    • 「寒北斗 純米 超辛口 試験醸造」と祝日も「角打ち未満」やります!
      原酒店 (07/24)
    • 「ラガヴーリン8年」と雨また雨の七夕
      原酒店 (07/24)
    • 「ラガヴーリン8年」と雨また雨の七夕
      w (07/23)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM