名は体を表す香ばしさ 「麦麦万年」

0
     5月4日、連休後半の二日目。
    今日も福岡は晴天です。

    半分休みながら中途半端に仕事をしています。

    昨日は朝一から四斗の菰樽の配達でした。

    博多駅近くのホテルでの結婚式の披露宴で
    「鏡割り」をするとの事で、現地にてバールと金ヅチで
    樽の蓋を外す作業までをやってきました。

    豪勢な披露宴みたいだったなぁ…


    原酒店の表にある夏みかんの花が満開です。

    甘酸っぱい香りが心地よいです。


    今回は麦焼酎の紹介をしようと思います。

    麦焼酎は大まかに分けて4通りのタイプがあります。

    何度も書いていますが、蒸留方法

    有名な「いいちこ」や「二階堂」などフルーティで
    軽い飲み口の麦焼酎は減圧蒸留です。

    量販店で扱っている大容量の麦焼酎のほとんどが
    クセの少ない減圧蒸留ものですね。

    ほとんどの芋焼酎や泡盛がそうですが、通常の
    大気圧で蒸留する伝統的な方法が常圧蒸留です。

    原料の特徴が残りやすいので、根強いファンが沢山
    いますが、「飲みやすさ」至上の方には敬遠されがちです。

    次に麦焼酎の仕込みの原料。

    まず麹を造り、水と酵母を加えアルコール発酵します。
    これを「一次仕込み」といい、数日の発酵の後
    蒸した麦を足していく「二次仕込み」といいます。

    この一次仕込みで米麹と麦麹に分かれます。

    「麦焼酎発祥の島」といわれる長崎県壱岐の麦焼酎は
    米麹(一次)に麦を掛ける(二次)という決まりがあります。

    この決まりを厳格に守る事で「壱岐焼酎」という
    世界で認められた産地呼称を名乗れる訳です。

    それはいいとして、麦焼酎と呼びますがが、
    米麹使用の場合は
    「米麦(べいばくorこめむぎ)焼酎」ともいいます。

    これに対して写真のように麦麹(一次)に


    二次仕込みも麦を掛けて造る麦焼酎を
    「麦麦焼酎」ともいいます。

    はい、これから紹介させてもらう麦焼酎は、
    名前の通り「麦麦」で常圧蒸留のもっとも
    麦焼酎らしい麦焼酎です。

    麦焼酎   麦麦 旭 万年(むぎむぎ あさひ まんねん)

    宮崎市田野町   渡邊酒造場

    原材料  麦・麦麹(大麦・白麹)
    アルコール度数  25度

    1・8L   2160円(税込み)

    前々回のブログで紹介させてもらいました
    芋焼酎「旭 萬年」の渡邊酒造場が醸す麦焼酎です。



    芋は「萬年」、麦は「万年」です。

    麦の香ばしさが際立っておりますが、
    3年以上熟成させていますので、
    クリーミーなまろやかさもあります。

    常圧蒸留の特徴が上手く出た
    フルボディの麦焼酎です。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    人の結婚式の鏡割りじゃなく次はご自分の鏡割りの話期待しときますヨ!!
    • ゆーめん
    • 2013/05/07 9:47 AM
    ゆーめん
    ウッ、鋭いご指摘肝に銘じます(汗)
    • 原酒店
    • 2013/05/07 4:04 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM