他の追随を”絶対”許さない焼酎

0
    お暑うございます。
    福岡は今日も強烈な雷雨に見舞われる気配があります、っていうか来ました!

    で、大袈裟なタイトルになりましたが、”絶対”と言うからには”絶対”なのです。

    製法、香り、味わい
    どれを取っても「〜みたいな」という例えが思い浮かびません。

    強いて言うならワインの搾り滓を再発酵させて蒸留した、
    フランスの「マール」、イタリアの「グラッパ」に系列的には近いでしょうか。

    正調粕取り焼酎  「ヤマフル」

    右から

    ヤマフル25度  1.8L  2200円(税込み2376円)

    ヤマフル35度  1.8L  3000円(税込み3240円)

    ヤマフル無濾過原酒 41度  500ML 2095円(税込み2263円)

    以前、「ロックで旨い日本酒」で紹介させてもらいました、佐賀県唐津市にある
    鳴滝酒造の酒粕が原料の焼酎です。

    最近、吟醸酒の酒粕を再発酵させて蒸留した焼酎がありますが、
    そういった吟醸の香りの酒粕焼酎とは、一線を画す為、センスのいい僕の知人が
    正調粕取り焼酎」と名付けました。

    年配の飲兵衛の方々には、「カストリ」というと、終戦後の闇市の粗悪酒ではないか?
    と、悪いイメージがあるようですが、「カストリ」と「粕取り」は全く別物です

    北部九州では、江戸時代から造られている焼酎ですが、近年、飲む人が減って
    現在では、福岡・佐賀・大分の数蔵のみで製造されています。

    日本酒を搾ったあとの酒粕は、そのまま使う以外にも、漬物ほか色々な用途が
    ありますが、肥料として使うと最高の野菜や穀物ができるそうです。
    しかし、アルコールを多く含んだままだと、肥料にはなりません。

    酒造りと農業とは、切っても切れない関係にあります。
    アルコールを飛ばした酒粕が欲しい…、そういう農家からの要望もあって
    粕取り焼酎が誕生した。という説もあるようです。

    製法…変わり種の焼酎は数あれど、比類なき粕取り焼酎… 

    搾りたての酒粕は麹や酵母がまだ元気で、タンクの水に酒粕を
    ちぎって入れると、再びブクブクとアルコール発酵を始めます。
    通常の蒸留器でしたら、この状態のまま蒸留できますが、「正調」の場合、蒸篭(せいろ)の
    ような蒸留器に再発酵した酒粕を入れ、下から蒸気を送り込みます。

    ただ、ペースト状の酒粕のままだと蒸気の熱が上まで通らず、蒸留できません。
    そこで、ここが肝なんですが、

    蒸留直前に大量の籾殻を混ぜ込みます。

    籾殻のすきまで蒸気の通り道を作ります。
    蒸留の様子はこちらをご覧ください。

    出来上がった粕取り焼酎は…「うっ、くっちゃ〜い!」
    僕が初めてその匂いを嗅いだ時の印象です。

    香りは、蒸れたワラのような、タタミのような香りがします。
    先ほど同系列と書いた「マール」や「グラッパ」はタタミの香りはしません。

    でも決して下品な匂いではないんです。
    匂いに関しては、人それぞれの好みがあるので、
    「これはタマラン!」という人がいても不思議じゃありません。
    現に僕も慣れるにつれて、好きな匂いになってきました。

    味わいは、トロッとした口あたりで、上品な甘みがあります。

    かつては、この焼酎に氷砂糖を入れて飲む人がいたようです。
    特筆すべきは、この焼酎の35度で漬けた梅酒。
    これは絶品です!

    まあ、はっきり言いまして、万人受けする焼酎ではありません。
    造る方も、手間がかかる割りに量もあまり取れず、蔵元さんとしても
    採算が合う商品ではないのです。

    ただ、江戸時代からの文化を絶やしたくない…。
    そんな情熱に支えられている焼酎です。

    現在でも一部の熱狂的なマニアには愛されています。
    原酒店にもごく稀ですが、買っていかれるお客様がいらっしゃいます。

    100人に2〜3人には必ず気に入ってもらえると信じてます!

    文化の継承は蔵元さんにお任せします。

    原酒店はチャレンジャーを待ってます!

    「いつ、どこでも、誰の挑戦でも受けてやる!」
    (粕取り焼酎 談)

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    原酒店!なかなか説明が上手いやんけ!読んでてチョット飲んでみたくなったぞ!飲んで韓国とそれに対応しきれてないフニャフニャ弱腰外交の日本政府に腹が立ったので!やけ酒じゃ〜〜!ってこんな美味しそうなお酒ではもったいないね?やけ酒は2級酒で十分やな?爆
    • mabo89
    • 2012/08/24 12:36 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • 「あくね日和」「白濁無濾過 鶴見」と秋の休日
      原酒店 (09/24)
    • 「あくね日和」「白濁無濾過 鶴見」と秋の休日
      蔵。 (09/24)
    • 「玉の井 純米 ひやおろし」と「これまで経験した事のない」台風10号
      原酒店 (09/09)
    • 「玉の井 純米 ひやおろし」と「これまで経験した事のない」台風10号
      蔵人もどき (09/08)
    • 「大和桜 new classic」とお疲れ様!「激闘王」八重樫東
      原酒店 (09/04)
    • 「大和桜 new classic」とお疲れ様!「激闘王」八重樫東
      蔵。 (09/04)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      w (08/15)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM