自分だけの贅沢な梅酒を作ってみませんか?〜粕取焼酎編〜

0
     Pound for pound
        (PFP)
    パウンド・フォー・パウンド


    アメリカのボクシング雑誌「リング」誌が1950年代に、
    全階級通して誰が優れた選手かを格付けする為に造った
    言葉だそうです。

    仮に全選手が同じ身長・体重と仮定して格付けするそうですが、
    現在の1位が先日の「世紀の一戦」に勝利したフロイド・メイゥエザー。

    敗れたマニー・パッキャオは6位で、日本で馴染みの選手では
    軽量級最強の「ロマゴン」ことローマン・ゴンサレス選手が
    なんと2位にランキングされてます。

    そして日本人選手が(おそらく)初めてのトップ10入り!


    WBCバンタム級チャンピオン「神の左」、原に言わせると
    「槍の左」の山中慎介選手がPFP10位に入りました。

    内山高志選手もトップ10入りしてもおかしくはないのですが、
    日本国内でしか試合をしていないので、世界的に目に触れる
    機会が少ないのがランクインしない原因かも知れません。

    今後、王座統一戦などで世界的知名度がある選手を倒せば
    確実にトップ10に入ってくるでしょう。

    近い将来、井上尚弥選手もトップ10入りが有望ですし、
    国民的な盛り上がりはともかく、現在の日本ボクシング界は
    黄金時代といっていいでしょう。

    一方こちらは…
    地を這うような(笑)知名度ですが、
    その美味しさは「梅酒界PFPナンバー1」
    かも知れない「粕取焼酎」で漬ける梅酒。


    …と、無理やり本題!


    「粕取焼酎」というと年配の方には「カストリ焼酎」と混同され
    忌み嫌う方がいらっしゃいますので、簡単に説明しておきます。

    まず「カストリ焼酎」「カストリ酒」…戦後の闇市に出回った
    工業用アルコール等を添加した”超”粗悪な酒の総称。

    転じて粗悪な紙質でエロ・グロ主体の内容の粗悪な雑誌を
    「カストリ雑誌」と呼んでたそうです。

    本物(正調)の粕取焼酎とは、日本酒を搾った後の酒粕を
    千切って水を張ったタンクに入れると、酒粕の中の酵母が
    まだ元気な為、再びブクブクとアルコール発酵を始めます。



    十分にアルコール発酵させた醪(酒粕)を容器に移します。

    現在の蒸留器ならこれで蒸留できますが、伝統的な
    蒸篭(せいろ)型の蒸留器は下から蒸気を送り込むので
    このままではペースト状の醪全体に蒸気が通りません。



    そこで蒸留寸前に大量の籾殻を混ぜ込み、蒸気の
    通り道を作ります。



    籾殻入りの醪を入れた蒸篭を積み上げ…


    一番上に沸騰して気体になった醪を冷却して再び液体(焼酎)
    にする為の、水を張ったタンクを乗せて蒸留開始です。

    これが江戸時代から北部九州に伝わる(正調)粕取焼酎ですが、
    ご覧のように手間がかかり過ぎる割には歩留りが悪く、
    更には愛飲家も減ってほとんど儲けがないそうで、
    (酒粕は漬物屋さんに売る方が余程儲かるそうで…)
    今では造る蔵元さんもごく僅かです。

    それでも「粕取焼酎文化」を継承したいという蔵元さんの
    意地と、粕取焼酎で作る梅酒の圧倒的な美味しさが絶滅を
    辛うじて食い止めているのかも知れません。



    正調粕取焼酎 ヤマフル35度

    佐賀県唐津市 鳴滝酒造

    原材料 酒粕
    アルコール度数 35度

    1.8L 3000円(税込み3240円)


    梅1kgにヤマフル35度1.8Lに氷砂糖500gが
    適量かと思います。

    籾殻由来の香りが強い為、他のお酒で漬ける梅酒よりも
    長く熟成させる事をおすすめします(1年〜3年位)



    価格的にも時間的にも安上がりではありませんが、
    出来上がった梅酒の美味しさは正に圧倒的です!

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • 「あくね日和」「白濁無濾過 鶴見」と秋の休日
      原酒店 (09/24)
    • 「あくね日和」「白濁無濾過 鶴見」と秋の休日
      蔵。 (09/24)
    • 「玉の井 純米 ひやおろし」と「これまで経験した事のない」台風10号
      原酒店 (09/09)
    • 「玉の井 純米 ひやおろし」と「これまで経験した事のない」台風10号
      蔵人もどき (09/08)
    • 「大和桜 new classic」とお疲れ様!「激闘王」八重樫東
      原酒店 (09/04)
    • 「大和桜 new classic」とお疲れ様!「激闘王」八重樫東
      蔵。 (09/04)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      w (08/15)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM