「麹屋 純米吟醸 生々」とジミロン君病院行きの日曜日

0

     配達中に通る中州メインストリートの街路樹の満開の桜。

     

    この桜は何の品種か知りませんが、毎年ソメイヨシノよりも

    満開が早いです。

     

    開花が遅れに遅れていたソメイヨシノもここ数日で…

     

    この1〜2日の陽気でソメイヨシノも早いところは満開になりました。

     

     

    話は変わってこのお方、地域猫から家猫になって3ヶ月弱。

     

    元々僕とE子さんになついていたので…

     

    夜は一緒にリラックスしていまが、室内生活は毎日が

    退屈なようで脱走の危険性はいまだに中です(笑)

     

    そんな一見コキゲンそうなジミロン君が風邪をひいた

    らしく、週の後半に嘔吐と下痢が見られました。

     

    「ロン君、どっか調子が悪いと?」

     

    「キャッ」

     

    滅多に「ニャ〜ン」と鳴かない猫です。

     

    野良時代なら自力で治していたのでしょうが、

    一緒に暮らしているとやっぱり気になります。

     

    日曜日の朝、「病院行こうか?」

     

    「!」

     

    嫌な予感には野生の勘が働くようで、

    何故か部屋中逃げ回ります。

     

    捕まえてロン・バッグに詰め込み向かった先は…

     

    日曜日も午前中だけですが、診察してもらえるので

    助かります。

     

    行きの車内から悲痛な声を上げてましたが…

     

    待合室での緊張のご様子。

     

    診察台では目を見開き固まってます。

     

    診察の結果はウィルス性の急性腸炎。

     

    食欲はあり、体重は4.7kg強と1月に初めて来た時よりも

    増えているので症状は重くないようですが、抗生物質を

    注射してもらい、お薬をもらって帰宅しました。

     

    クシャミもしなくなり元気なので、薬の効き目は

    あるようです。

     

    念のため次の日曜日も来てくださいとの事ですが、

    おとなしくロン・バッグに入ってくれるでしょうか?(笑)

     

     

     

     

    「繁桝」のもう一つのブランド、年に一度の
    「麹屋」の純米吟醸生酒が入荷しています。


    繁桝 麹屋 純米吟醸生々

    福岡県八女市 高橋商店

    原材料 米・米麹(山田錦・夢一献)
    精米歩合 55%  日本酒度 +1酸度 1.5  
    アルコール度数 16度  要冷蔵

    1.8L  2600円(税込み2808円)
    720ML 1300円(税込み1404円)


    「麹屋」とは約300年前の高橋商店さんの創業当時、
    味噌や醤油の醸造をしていた為、長い間「麹屋」と
    呼ばれて親しまれ、これが屋号となったそうです。


    ほのかな果実香は料理の邪魔をせず、生酒特有の
    フレッシュかつ繁桝に共通するまろやかな味わいは
    スイスイと杯が進みます。

     

    一度飲まれた方がリピーターになる確率が高いお酒です。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM