オリジナル梅酒造りに最強の焼酎たち

0

     福岡では5月の最終週には早くも梅雨入りしました。

     

    空梅雨は困りますが、昨年7月の九州北部豪雨の悪夢が来ない

    「適度な梅雨」を今年は願うのみです。

     

     

    6月3日の日曜日、福岡市の西隣・糸島市の某所に

    ホタルを見に行ってきました。

     

    日暮れ直前、遠くに見えるのは可也山(かやさん)、

    糸島富士、小富士とも地元では呼ばれています。

     

    日没を待っていたかのようにホタルが点滅を始めます。

     

    幻想的にフワフワと舞うホタル。

     

    捕まえても逃げず、掌の上で光って

    またフワフワと飛んでいきます。

     

     

    梅の雨と書いて「つゆ」。

     

    ホタルと共に梅の実の収穫の季節です。

    大阪に住んでいた頃、この時期の国道42号線、
    梅の名所の紀州路を走り、和歌山県南部(みなべ)

    あたりの梅の直売所に立ち寄るのが楽しみでした。

    ここ数年、バラエティに富んだ美味しい梅酒が

    本当にたくさん市場に出回ってます。

    それでも、ご自分で漬ける「最強のオリジナル梅酒」は
    青梅や完熟梅、焼酎(スピリッツ)の種類も自分で色々と

    選べて楽しいものですよ。

    面倒臭がり屋の僕でも、結構楽しく簡単にできます。

     

    ここでは梅酒用の代表的な甲類焼酎(ホワイトリカー)

    以外に、甲類よりもコクが出る本格焼酎を紹介します。

     

    本格焼酎もアルコール度数が30〜35度以上のものの方が、

    梅のエキス分も出やすく失敗し難いと思われます。

    まず、ご存知じゃない方に「最強の」梅酒の漬け方を…


    梅をよく水洗いしてふき取ります。
    「ヘタ」を爪楊枝か串でホジホジして取ります。

    完熟梅なら桃や杏のような甘い香りがして、

    青梅以上にフルーティな梅酒ができます。

    これで準備完了です。

    容器はプラスチックやポリエチレンなど石油製品よりも
    もガラスか陶器が良いです。

    アルコールは僅かですが、物を溶かす物質です。
    ガラスや陶器はほぼ溶けません。

    梅1kgに本格焼酎なら氷砂糖500gでいいです。
    糖質は0ですが、本格焼酎には甘みがありますので。


    で、最強の梅酒の為に本格焼酎1.8リットルをドボドボと…。

    以上、あとは3ヶ月〜6ヶ月漬けてください。
    梅は取り上げても漬けっぱなしでもいいです。

    長く漬ける程、味わいに深みが出ます。

     

    芋焼酎・麦焼酎でも美味しい梅酒ができますが、

    今回は米焼酎・粕取焼酎・黒糖焼酎の案内です。


    球磨(米)焼酎  峰の露 黒麹35度


    熊本県人吉市 繊月酒造

    原材料 米・米麹(国産米・黒麹)
    アルコール度数 35度

    1.8L 2222円(税込み2400円)

    「球磨焼酎」というのは「スコッチ」や「ボルドー」、
    「コニャック」「バーボン」等と同じく世界貿易機関
    (WTO)で認められた産地呼称です。

    米のみを原料に球磨川流域の地下水で仕込み、蒸留し
    瓶詰めされたものだけが「球磨焼酎」を名乗れます。

    現在の球磨焼酎は白麹で仕込まれたものが殆んどですが、
    この「峰の露」は黒麹造りを復活させた常圧蒸留ものです。

     

    お次は知名度の低さと反比例するような圧倒的な美味しさ!

    正調粕取焼酎とは…

     

    日本酒を搾った後の酒粕をちぎって水を張ったタンクに入れると、

    酒粕の中の酵母がまだ元気な為、再びブクブクとアルコール発酵を

    始めます。


    十分にアルコール発酵させた醪(酒粕)を容器に移します。

    現在の一般的な蒸留器ならこれで蒸留できますが、伝統的な
    蒸篭(せいろ)型の蒸留器は下から蒸気を送り込むので
    このままではペースト状の醪全体に蒸気が通りません。


    そこで蒸留寸前に大量の籾殻を混ぜ込み、蒸気の
    通り道を作ります。


    籾殻入りの醪を入れた蒸篭を積み上げ…


    一番上に沸騰して気体になった醪を冷却して再び液体(焼酎)
    にする為の、水を張ったタンクを乗せて蒸留開始です。

    これが江戸時代から北部九州に伝わる正調粕取焼酎ですが、
    ご覧のように手間がかかり過ぎる割には歩留りが悪く、
    更には愛飲家も減ってほとんど儲けがないそうで、
    (酒粕は漬物屋さんに売る方が余程儲かるそうです)
    今では造る蔵元さんもごく僅かです。

    それでも「粕取焼酎文化」を継承したいという蔵元さんの
    意地と、粕取焼酎で作る梅酒の圧倒的な美味しさが絶滅を
    辛うじて食い止めているのかも知れません。


    正調粕取焼酎 ヤマフル35度

    佐賀県唐津市 鳴滝酒造

    原材料 酒粕
    アルコール度数 35度

    1.8L 3000円(税込み3240円)

    籾殻由来の香りが強い為、他のお酒で漬ける梅酒よりも
    長く熟成させる事をおすすめします(1年〜3年位)

     

    最後は奄美群島の黒糖焼酎で、ちょっと黒糖焼酎の

    おさらいを…

     

    黒糖は奄美群島(沖縄もですが)の特産品で、
    昔から泡盛や黒糖酒を造っていたそうです。

    終戦後の1946年(昭和21年)から1953年(昭和28年)
    までアメリカの占領下におかれ、その間黒糖を本土に

    移出できませんでした。

    米が足りなくなり泡盛は造らなくなりましたが、
    余剰品となった黒糖で蒸留酒を造ってました。

     

    サトウキビが原料の蒸留酒では「ラム」が有名です。
    ラムは酒税法上「スピリッツ」になり、焼酎よりも

    酒税が高くなります。


    日本に返還されてから、これまでの実績が考慮され
    「米麹」を使うという条件で、奄美群島だけ特例で
    ラム(スピリッツ)よりも税率が安い「黒糖焼酎」が

    認められました。

     

    酒税法で焼酎の発酵の原料に糖類を使用してはならない、

    とあるので上記の経緯から奄美群島だけの特例なのです。


    「米麹」を使う為、麹由来のまろやかさやコクがあり、
    「ラム」とは違う黒糖焼酎の個性になってます。

     

    黒糖焼酎を飲まれた事がない方は、イメージ的に
    「甘い」と思われるかも知れません。

    実際には、発酵中に糖分は酵母の栄養分となるので、
    甘みが減少してゆきます。

    さらに蒸留するので、他の焼酎と同じく
    糖質はゼロなので、スッキリとした飲み口です。

    銘柄によっては辛口もあるんです。

    もちろん黒糖由来のコクのある甘い香りは残っています。

     

    黒糖焼酎 朝日

     

    鹿児島県大島郡喜界町 朝日酒造

     

    原材料 黒糖(沖縄産・奄美産・喜界島産)

               ・米麹(タイ米・白麹)

    アルコール度数 30度

     

    1.8L   2181円(税込み2355円)

     

    これが100年前の創業以来の代表銘柄「朝日」です。

     

    以上が「最強のオリジナル梅酒」におすすめの焼酎です。

     

    でも、コストもかかるし面倒臭いなぁと思う方は、

    「原酒店」にて梅酒の購入をよろしくお願いします(笑)

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    最強のォ〜ムです。
    粕取に手を出す勇気は
    持ち合わせていませんが
    黒糖は冷ッとした飲み方で
    今夏試してみようかなぁ・・
    ハイ!(多分)
    蔵さん

    黒糖だけでなく、粕取にも手を出してみるのもどうでしょう?

    遠慮は無用です。

    これまでの焼酎観が一変するかも知れませんよ(笑)
    • 原酒店
    • 2018/06/07 10:09 AM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • 驚愕の70秒!と「極楽」、「白濁無濾過 鶴見」の五合瓶入荷
      原酒店 (10/11)
    • 驚愕の70秒!と「極楽」、「白濁無濾過 鶴見」の五合瓶入荷
      蔵。 (10/11)
    • ”日本酒で仕込む”贅沢な日本酒「陸奥八仙 貴醸酒」
      原酒店 (10/08)
    • ”日本酒で仕込む”贅沢な日本酒「陸奥八仙 貴醸酒」
      蔵人もどき (10/07)
    • もうすぐ「WBSS」とリニューアルした新焼酎「そげんわけもん」
      原酒店 (10/06)
    • もうすぐ「WBSS」とリニューアルした新焼酎「そげんわけもん」
      蔵。 (10/06)
    • 「寒北斗 純米ひやおろし」と「超弩級」入荷とローカル放送
      原酒店 (09/25)
    • 「寒北斗 純米ひやおろし」と「超弩級」入荷とローカル放送
      蔵。 (09/25)
    • 「寒北斗 純米ひやおろし」と「超弩級」入荷とローカル放送
      原酒店 (09/25)
    • 「寒北斗 純米ひやおろし」と「超弩級」入荷とローカル放送
      蔵人もどき (09/24)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM