「大和桜 紅芋25度 35度」とWBSS・井上尚弥の1回戦の相手決まる!

0

     もう暑さを話題にするのもウンザリですが、「暑い」が連日ニュースの

    トップになり、「暑い」が日々の挨拶代わりになっています。

     

    西暦2100年の夏の最高気温の予想…東京が44℃、福岡で42℃だそうです!


    人間社会の発展?の大きなツケが次世代に回ってきます。

     

    一刻も早く温室効果ガス削減はじめ地球温暖化に歯止めをかけないと、

    南極の氷が融け陸地が減少し、生態系変わり、人間の住める惑星じゃ

    なくなってしまうでしょうね。

     

    こんな事ばかり書いていると南極の氷よりも先に僕が融けそうなので、

    今回の暑さの話はここまで。

     

     

    WBSS(ワールドボクシング・スーパー・シリーズ)シーズン

    バンタム級トーナメント回戦の対戦相手が決まりました。

     

    サッカーや野球に比べるとかなり扱いが小さいですが、

    これは正真正銘ビッグニュースです。

     

    出場8選手全員がロシア・モスクワに集結しての発表です。

     

    ★WBAレギュラー王者・井上尚弥(大橋)

                             ×

      WBO1位・ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)


    ★IBF王者・エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

                             ×

      WBA2位・ジェイソン・モロニー(豪州)


    ★WBAスーパー王者・ライアン・バーネット(英国)

                             ×

      WBOフェザー級11位・ノニト・ドネア(フィリピン)


    ★WBO王者・ゾラニ・テテ(南ア)

                             ×

      WBA5位・ミーシャ・アロイヤン(ロシア)

     

    4人のチャンピオン★がシード扱いで、残り4人の中から

    対戦相手を指名する方式でした。

    (WBCはあのルイス・ネリのせいで王者空位のため不参加)

     

    井上選手が1回戦での対戦を希望した軽量級のスーパースター

    ノニト・ドネア選手は、第1シードのバーネット選手が指名しました。

     

    ドネア選手もこのトーナメントの為に2階級落としての出場です。

     

    年齢的にもピークを過ぎたと思われ減量もあり、全盛期の実力が発揮

    できるか疑問もありますが、とにかくドネア選手の出場は楽しみです。

     

    第2シードの井上選手はファン・カルロス・パヤノ選手を指名。

     

    山中慎介選手と2度に渡って激闘を繰り広げたモレノ選手に

    勝ってWBAタイトルを獲得した事がある、これまた強豪です。

     

    大会前のオッズでは井上選手は大本命でテテ選手、ロドリゲス選手、

    バーネット選手らが続きます。

     

    このトーナメントを制すれば、高額賞金とともにボクシング界では

    日本人初の世界的スターの座を間違いなく掴みます。

     

    試合日時・会場は後日発表されるそうです。

     

    周りが盛り上がらないなら俺が一人で盛り上げてやる!

     

    それほど楽しみです。

     

     

    井岡一翔選手が現役復帰を表明しました。

     

    スーパーフライ級に階級を上げ、アメリカを拠点とした

    復帰となるようです。

     

    昨年大晦日の引退会見では何やかやと引退の理由を挙げてましたが、

    ボクシンファンの間では、父親でジムの会長である一法氏の巨額の

    脱税疑惑等のゴタゴタで、問題のある父親の許を離れたかった…

     

    それが真相ではないかと囁かれています。

     

    元々井岡ジムは元チャンピオンの弘樹氏が立ち上げたジムですが、

    いつの間にか兄の一法氏が会長になり、弟の弘樹氏が出て行く形で

    別のジムを興しています。

     

    日本のボクシングジムの制度は相撲部屋に似ていて、簡単には移籍

    できない仕組みになっていて、更に無所属では試合ができません。

     

    父親である一法会長がOKを出さないと国内での移籍ができないので、

    国内的には所属ジムがなく引退状態のままで、当面は国外での活動に

    なると思います。

     

    ミニマム級の頃は将来の「日本のエース」と期待され、八重樫東選手との

    王者同士の統一戦での激闘は名勝負と賞賛されました。

     

    しかしライトフライ級に階級を上げて2階級制覇したあたりから、

    「ロマゴン」はじめ強敵との対戦を避けるマッチメークが露骨になります。

     

    基本的に「勝てる相手」との世界戦で、インパクトの弱い内容の試合が続きます。

     

    そんな中で本人はリップサービスのつもりだったのかも知れませんが、

    「唯一無二の存在になる」とか「伝説になる」とか口をつく言葉があまりに

    空疎で悲しいほど軽く、一般的な知名度と人気が高いにもかかわらず、

    次第にコアなボクシングファンからの期待と支持と信頼が薄れてきました。

     

    しまいには同じテレビ局系列のあの3兄弟と一緒にされ「イオカメダ」と

    揶揄される始末…

     

    しかしカメとは違ってその実力は認められてるところです。

     

    復帰後はプロモーターが変わりマッチメークも厳しくなるでしょうが、

    「強いヤツと戦う井岡」を見せてボクシングファンからの信頼を

    取り戻してほしいものです。

     

     

    「草の根の逆襲」木村翔選手の中国での防衛戦が間もなくです。

     

    7・27中国・青島「英雄不問出外」

     

    WBO世界フライ級タイトルマッチ 12回戦
    王者・木村翔(青木)

                     ×

    同級4位・フローイラン・サルダール(フィリピン)

     

    WBA世界ミニマム級タイトルマッチ 12回戦
    王者・ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)

                      ×

    同級2位・熊朝忠(中国)

     

    昨年、オリンピック2連覇でプロでもチャンピオンになった

    中国の英雄、ゾウ・シミン選手を完全アウエーの中で大番狂わせ

    のTKOで破り、一躍中国で有名人になった木村翔選手。

     

    超エリート対して、酒屋の配送のアルバイトで生計を立てるボクサーの

    「雑草人生の大逆転劇」に、中国ではドキュメント番組も作られて、

    卓球の福原愛さんに並ぶ知名度になったそうです。

     

    ブンブン振り回して空振りも多く荒っぽく見えますが、スタミナがあって

    タフなファイターで、もっと日本でも人気が出ていい魅力的な選手です。

     

     

    そして日本時間で日曜日の昼ごろ、内山高志・三浦隆司の日本が

    誇る名チャンピオンを輩出したスーパーフェザー級の王座決定戦。

     

    7・28米・キシミー


    WBO世界Sフェザー級王座決定戦 12回戦
    同級1位・クリストファー・ディアス(プエルトリコ)

            × 

    同級2位・伊藤雅雪(伴流)
    ITODIAZ2018.jpg

     

    日曜日にWOWOWで生中継があるので観る予定です。

     

     

    久々のボクシングネタが長くなりましたが、ここからが本題です。

     

    弊ブログでは何度も紹介している「大和桜」。

     

    焼酎の美味しさだけでなく、杜氏の若松徹幹さん(テッカン君)の

    提唱する焼酎のあるライフスタイルが徐々に浸透して、業界を超え

    鹿児島文化の若きリーダーとしてのメディア露出も増えてきました。

     

    雑誌「dancyu」の焼酎特集でテッカン君はじめ若手蔵元さん達の

    対談が掲載されてます。

     

    暑くて堪らないので、前回の「デュワーズ」に続いて「大和桜」

    シリーズの中でも特に「ソーダ割り」が美味しい「紅芋」を紹介します。

     

    原料芋が「紅さつま」という赤芋系を使用、熱烈ファンを持つ限定品です。


    大和桜 紅芋

     

    鹿児島県いちき串木野市 大和桜酒造

     

    原材料 米麹(国産米・白麹)・サツマイモ(紅さつま)

    アルコール度数 25度


    1.8L  2933円(税込み3168円)  

    720ML 1524円(税込み1646円)

     

    テッカン君が鹿児島に帰ってきた時、蔵は区画整理で

    近くに移転の最中でした。

    時は焼酎ブーム真っ只中の2004〜5年頃。


    ちなみに僕は2003年の初冬に福岡に帰ってきました。

    移転作業が長引いて仕込みの開始がかなり後ろにズレ込んだそうです。

    麹に使用する米は前もって買い付けなければなりません。

    予定する仕込みの量で注文します。

    開始が後ろにズレ込んだせいで、仕込みの最中に芋

    (コガネセンガン)の収穫時期が終わってしまいました。

    このままでは米が余ってしまいます。

    でも冷凍芋や粗悪な芋は使いたくない。

    米焼酎でも造るか?

    さぁ、どうする?

    …そんな時に、

    「青果用で高価だけどいい紅さつまがある」


    という話があり、残りの仕込みは紅さつまで仕込みました。



    ただ、これはあくまでレギュラーの「大和桜」用で
    紅さつまで「大和桜」か、コガネセンガンで仕込んだ分と
    ブレンドして「大和桜」で出す予定だったそうです。

    ところが蒸留してみると全然味わいが違う!

    今なら「当然でしょ」となりますが、当時は試行錯誤の真っ最中。

    結局、1シーズン寝かせて「大和桜 紅芋」としてひっそりと世に出ました。

    「赤芋系」の焼酎が流行りそうだ、という理由ではなく、苦肉の策が

    赤芋系最高峰ともいえるこの焼酎誕生のきっかけだったのです。


    大和桜 紅芋35度


    アルコール度数 35度


    1.8L 3810円(税込み4114円)

    この原酒に近い35度のソーダ割りは一度試してみる価値アリです!

     

    因みにテッカン君のおすすめは35度を5:5で割り水して、福岡県の糸島にある

    松園式炭酸システムで炭酸ガスを充填すると、キメの細かい最高のソーダ割り

    になるそうです。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    ひっそりとォ〜ムです。
    その秘話...ドコかで聞いた事があります。
    が、完全に忘れ去ってました。ダメですネ・・
    ハイ!(汗)
    「門外不出」ではないんですね。意味はおんなじなんでしょうか?

    焼酎に限らず、あらゆる酒類での「テスト品」や「売れ残り」の類いは、まっとうに造ったものならば寝かせる事で化けるモノが多い様に思います。

    話変わって…暑さ対策として、某アイテムを発見しました(笑)。「バブ爽快シャワーL4」 で検索を。応用例はアマゾンレビュー等を参照願います。私も使ってますが、今夏は手放せそうにありません(笑)。
    • 蔵人もどき
    • 2018/07/29 12:24 AM
    蔵さん

    その秘話…ここで読まれたんじゃないでしょうか?(笑)

    5年程前に書いていたのを思い出して加筆したんです。
    (聞いて書いた自分も忘れてました 汗)
    • 原酒店
    • 2018/07/29 10:18 PM
    蔵人もどきさん

    不問出外…日本語で調べても意味はでてこないですね。
    多分、似たような意味なんでしょうね(笑)

    売れ残って貯蔵していたものが「大古酒」に化けたり
    色々逸品がありますよね。

    「バブ〜」ググッてみました。
    そそられますね〜^^
    • 原酒店
    • 2018/07/29 10:33 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • どちらも華やかな「利八 浜小町30°」「夏の利八」とWBSS準決勝!
      原酒店 (05/12)
    • どちらも華やかな「利八 浜小町30°」「夏の利八」とWBSS準決勝!
      蔵。 (05/12)
    • 「利八 浜小町30°」とチャチャイ、推定1歳の誕生日
      原酒店 (05/09)
    • 「利八 浜小町30°」とチャチャイ、推定1歳の誕生日
      蔵。 (05/08)
    • 「暁」…平成最後は山里の米焼酎と高千穂訪問記
      原酒店 (05/07)
    • 「暁」…平成最後は山里の米焼酎と高千穂訪問記
      w (05/06)
    • 「暁」…平成最後は山里の米焼酎と高千穂訪問記
      原酒店 (05/03)
    • 「暁」…平成最後は山里の米焼酎と高千穂訪問記
      w (05/03)
    • 「暁」…平成最後は山里の米焼酎と高千穂訪問記
      原酒店 (05/02)
    • 「暁」…平成最後は山里の米焼酎と高千穂訪問記
      蔵。 (05/02)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM