国内最小クラスの蔵の米焼酎「暁」とチャチャイの新しい部屋

0

     人に迷惑を掛ける事を責務として自らに課している

    感のある保護猫チャチャイ(仮名)。

     

    成長して身体能力もどんどん向上し、最近の迷惑行為には

    「高さ」という新たな要素を加えてきました。

     

    カーテンレールをキャットウォークのように渡り歩き、

    ついでに何かを落としてくれるので、ケージから出して

    やると目が離せません。

     

    迷惑は先住のジミロン君にも及び、不意を衝いて

    襲いかかり、マウンティングしようとします。

     

    これは逆襲を受けてますがめげずに何度も襲撃します。

     

    …そんな毎日にこちらの方が疲れ、保護してきたE子さん

    自身が里子に出したがるようになりました。

     

    しかし悪さばかりする上に、顔がロシアの大統領に似てる

    子猫を引き取ってくれる奇特な人など想像がつきません。

     

    (うちで面倒みてあげなきゃ結局は可哀相な事になるよなぁ…)

     

    一応「里子」案を棚上げして、ジミロン君との共存方法を

    E子さんと考えてました。

     

    仮住まいでなく「うちの子」になってもらうには自前のケージに入れて

    おかないと、僕とE子さんの留守中に何をしでかすかわかりません。

     

    今のケージは借り物の子猫用なので、子猫とはいえ大きく

    なってきたチャチャイ(仮名)には既に手狭です。

     

    という事で、3階建ての大きなケージを購入しました。

     

    組み立ては日曜日の予定。

     

    その21日の日曜日、ラスベガスでの村田諒太選手の完敗にヘコみ昼寝。

     

    夕方から組み立てを始め、夜には何とか完成。

     

    うわぁ、我がウサギ小屋にはデカ過ぎる!

     

    キャスターこそ付いているものの本棚が塞がって

    しまいました。

     

    新しいケージに引越し。

     

    まだ以前のケージを「自分の部屋」と思っているようですが、

    じきに慣れてくれるでしょう。

     

    そして、ケージから出すと悪さをするのは相変わらず…(汗)

     

    これで借り物のケージから引っ越して専用の「部屋」ができたので、

    目出度く?(仮名)を外して正式にチャチャイにします(笑)

     

     

     

    宮崎・熊本県境近くの小さな小さな蔵元さんで醸される

    美味しい米焼酎、再入荷のお知らせです。

     

    米焼酎  (あかつき)

     

    宮崎県西臼杵郡高千穂町 アカツキ酒造

     

    原材料 米麹・米(九州産米・白麹・鹿児島酵母使用)

    アルコール度数  25度

     

    1.8L  1862円(税込み2011円)

     

    米焼酎は芋焼酎に比べてセールス的に地味ですし、

    しかも地味な中での売れ線はクセのない減圧蒸留の

    「白岳」や「白岳しろ」等になります。

     

    この「暁」、そんな売れ線の対極にあるような

    「クセ特盛」というべきか…それでも長く長く

    高千穂の山里で愛され続けている、昔ながらの

    常圧蒸留の米焼酎です。

     

    味わい的に似た銘柄が思い浮かばず、「○○のような」

    という形容が見当たりません。

     

    美味しいのは間違いありませんが、その旨さも個性が強く

    ”飲み易い”タイプではありません。

     

    当然、右から左に売れる焼酎ではありませんが、マニア・変態さんの

    心を確実に射止めるものなので「その手」の方々には喜ばれています。

     

     

    アカツキ酒造さんのある宮崎県の高千穂町といいますと、

    熊本県・大分県との県境に近く「九州の秘境・高千穂峡」で

    知られています。

     

    昔は米焼酎の蔵元さんが数件あったそうですが、

    地理的にも球磨(米)焼酎の流れだそうです。

     

    近々行ってみたいと思っていますが、まずは電話で

    蔵元さんにお話を伺いました。

     

    仕込みの時期は12〜3月、製造石高は100石弱。

     

    国内最小クラスの蔵元さんです。

     

    先代手製の「半自動制麹(せいぎく)室」

     

    ドラムを使用せず手麹ですが、もろ蓋を使わず

    三角棚のような麹室で温度管理しているので

    「半自動」なのです。

     

    醪(もろみ)の発酵日数は30日以上!

     

    発酵がほぼ終わっても、しばらく寝かすそうです。

     

    芋焼酎は半月程なので倍以上です。

     

    (他所の米焼酎の発酵日数もそんなに長いのか?)

     

    某球磨焼酎の蔵元さんに質問しましたが、やはり

    半月程度なので、こちらの発酵日数は飛びぬけて

    長いです。

     

    「唯一無二」の味わいの秘密はここにも

    あるのかも知れませんね。

     

    蒸留後は1年半以上寝かせて瓶詰するそうなので、

    熟成が足りない米焼酎特有のツンツンした感じは

    全くありません。

     

    「クセ特盛」と表現しましたが、あくまでも米焼酎

    としてはであって、常圧蒸留の個性的な芋焼酎と

    同程度と思ってもらって結構です。

     

    あまり構えずに、まず飲んでみてください。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    その手の方々ドォ〜ムです。
    ソコら辺の方々と一緒にくくられるには
    到底及ばないと自覚してはおりますが
    常圧の米焼酎は日本人なら〆の一杯になる
    味わいではないかと秘かに思っております。
    ハイ!(逃)
    蔵さん

    日本酒だけでなく、蒸留酒ですが米焼酎も米食の
    日本人に合うようにDNAに組み込まれている
    のかも知れませんね。

    僕の中では蔵さんも十分「その手」の方ですが…(笑)
    • 原酒店
    • 2018/10/25 12:34 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • 「陸奥八仙 緑ラベル 特別純米」と駒井専務が来福
      原酒店 (09/16)
    • 「陸奥八仙 緑ラベル 特別純米」と駒井専務が来福
      蔵人もどき (09/14)
    • 「極楽 常圧 長期貯蔵」価格改定の件を…
      原酒店 (09/14)
    • 「極楽 常圧 長期貯蔵」価格改定の件を…
      蔵。 (09/14)
    • 「夏の利八」「陶眠利八」再入荷と盆休み
      原酒店 (08/17)
    • 「夏の利八」「陶眠利八」再入荷と盆休み
      蔵。 (08/17)
    • 「山雀 夏季限定」…遅くなりましたが、夏季限定バージョン入荷
      原酒店 (08/13)
    • 「山雀 夏季限定」…遅くなりましたが、夏季限定バージョン入荷
      蔵。 (08/13)
    • 「繁桝 夏に夢(み)る雪」と村田諒太、完敗からのリベンジなるか?
      原酒店 (07/13)
    • 「繁桝 夏に夢(み)る雪」と村田諒太、完敗からのリベンジなるか?
      蔵人もどき (07/12)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM