「ちらんほたる」の新焼酎、「武家屋敷 旬酒」と「知覧Tea酎」四合瓶

0

     いつの間にか今年も師走に入りました。

     

    何もかもが慌しく感じる月ですが、今のところ

    まだのんびりとしています。

     

     

    12月2日は毎年12月の第一日曜日に開催される

    第72回福岡国際マラソンでした。

     

    近年は東京・ボストン・ロンドン・ベルリン・シカゴ・ニューヨークの

    6大会が高額賞金で最高峰という格付けになってますが、福岡も

    ゴールドラベルという世界的にメジャーなレースです。

     

    東京マラソンよりも歴史があり、世界的なランナーが名勝負を

    繰り広げてきたこのレースに、僕ら福岡市民は格別な思い入れと

    誇りがあります。

    (陸上競技場は情けない程貧相で全く誇りになりませんが…)

     

    福岡に戻ってきての数年間は体育指導員をやっていた関係で

    沿道警備をしていましたが、引越ししたのを機にお役御免。

     

    それからはのんびりとテレビ観戦してましたが、

    久し振りにブラッと歩いて沿道応援に…

     

    空撮用のヘリコプターが2機飛んでます。

     

    沿道に出たのは12kmの手前あたりの小田部交差点付近です。

     

    因みに原酒店は17kmあたりの近くです。

     

    北を上にする地図上の地形ではこの向きになり、子供の頃からの

    地図好きな僕にはこっちの方がしっくりきます。

     

     

    いいポジションを確保して先導車両を待ちます。

     

    子供の頃から見慣れていますが、選手達が通り過ぎるスピードが

    物凄いのには改めて驚かされてしまいます。

     

    先頭集団をパシャ!パシャ!

     

    「川内ガンバレ〜!」

     

    声を掛けながらベストショットが撮れた…ん?

     

    あ〜っ、撮れてない!

     

    先頭集団からやや遅れた優勝候補の一角、ケニアのキプルト選手は

    辛うじて撮れましたが、僕の前を通り過ぎた数メートル先で何と

    走るのを止め座り込みました(棄権)。

     

    写真は陸上競技場ではなく、大濠公園スタートの

    持ちタイムがやや遅いBグループの先頭集団です。

     

    そして全選手が通過したあとは帰宅してテレビ観戦。

     

    結果は僕的にはノーマークだった服部選手の快勝で、

    東京オリンピックの有力候補に名乗りを上げたのは

    ご存知の通りです。

     

    しかし…12月2日も20℃超えでランナーには辛い高温でしたが、

    12月4日の福岡の最高気温は25℃超えで、観測史上最高だそうです。

     

    普通に仕事してて汗だくになりました。

     

    このあと急に寒波が来るのは勘弁です。

     

     

     

    さて本題です。

     

    「さつま寿 旬」は完売いたしました。

    ありがとうございました。

     

    前回予告していた新焼酎、名前は「武家屋敷」ですが黒麹の

    レギュラー焼酎「ちらんほたる」の新酒です。

     

    規模が小さく一般的にはやや地味な蔵元さんですが、その造りの

    確かさと安心できる味わいで「通」の間では評価が高い焼酎です。

     

    装いを新たにして蔵出しされました。

     

    芋焼酎  武家屋敷 旬酒(しゅんしゅ)黒麹

     

    原材料  さつまいも(南薩産コガネセンガン)

               米麹(タイ米・黒麹NK菌)

    アルコール度数 25度

     

    1.8L  2050円(税込み2214円)

     

    「荒濾過」と謳っていますが、実際はほぼ「無濾過」だそうです!

     

    で、「旬酒」のレギュラーバージョンがこれです。

     

    芋焼酎 ちらんほたる

    1.8L 1990円(税込み2150円)

     

    知覧醸造さんの焼酎のファンに共通する

    褒め言葉は「飲み飽きしない」です。

     

    これって意外と大事な要素なんですよね。

     

    もうひとつ。

     

    今年、焼酎の動きが比較的地味な中、意外な美味しさで

    一部マニアに衝撃を与えた「知覧Tea酎」。

     

    緑茶芋焼酎  知覧Tea酎 (ちらん てぃーちゅう)

     

    鹿児島県南九州市知覧町 知覧醸造

     

    原材料 サツマイモ(知覧町産コガネセンガン)

              緑茶(知覧町産一番茶葉)・米麹(タイ産米・白麹)

    アルコール度数  25度

     

    1.8L  2900円(税込み3132円)

     

    これまで一升瓶(1.8l)だけでしたが、今回四合瓶(720ml)を

    少しだけ限定で蔵出しするというので入荷しました。

     

    緑茶芋焼酎  知覧Tea酎 (ちらん てぃーちゅう)

            

    アルコール度数  25度

     

    720ml(箱入り)  1700円(税込み1836円)

     

    知覧醸造さんは芋焼酎製造業と緑茶の生産農家を兼業していて

    毎年、9月から12月頃まで焼酎造りに専念し、それ以外の時期は

    茶畑の管理・茶製造をしています。

     

    森社長は以前から緑茶と芋焼酎の美味しさを一つにできないかと思い、

    昨年の秋、二次醪(もろみ)にサツマイモと地元・知覧の厳選された

    一番茶葉を同時に仕込んだ新たな焼酎に挑戦しました。

     

    二次醪に100グラム1000円!の高級茶葉を贅沢に加えてます。

     

    森社長が何度も試作を繰り返しただけあって、本当に

    いい感じに芋焼酎と緑茶のバランスが取れていて、

    ある意味「革命的」な焼酎とは以前記しました。

     

    四合瓶の方は箱入りで、手土産やプレゼントにもおすすめです。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    装いを新たにドォ〜ムです。
    本夕、密やかにお邪魔いたしまして
    静々と『旬酒』を分けていただきました。
    近々愉しませていただきます。
    ハイ!(期待)
    蔵さん

    密やかにありがとうございました。

    今後も蔵さんが来られたら、倉庫の
    隅から密やかに見届けさせてもらいます(笑)
    • 原酒店
    • 2018/12/06 12:11 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • 「繁桝 夏に夢(み)る雪」と村田諒太、完敗からのリベンジなるか?
      原酒店 (07/13)
    • 「繁桝 夏に夢(み)る雪」と村田諒太、完敗からのリベンジなるか?
      蔵人もどき (07/12)
    • 「夏のみ千鶴」入荷とチャチャイ保護から1年
      原酒店 (07/07)
    • 「夏のみ千鶴」入荷とチャチャイ保護から1年
      蔵。 (07/07)
    • 「たかたろう」…ロック・水割りそしてソーダ割りが最高な黒糖焼酎!
      原酒店 (07/01)
    • 「たかたろう」…ロック・水割りそしてソーダ割りが最高な黒糖焼酎!
      w (06/30)
    • 「陸奥八仙 夏どぶろっく 純米活性にごり生酒」噴きます!大いに噴きます!!
      原酒店 (06/24)
    • 「陸奥八仙 夏どぶろっく 純米活性にごり生酒」噴きます!大いに噴きます!!
      蔵人もどき (06/22)
    • 「陸奥八仙 夏どぶろっく 純米活性にごり生酒」噴きます!大いに噴きます!!
      原酒店 (06/19)
    • 「陸奥八仙 夏どぶろっく 純米活性にごり生酒」噴きます!大いに噴きます!!
      蔵人もどき (06/19)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM