「利八新酒 ろ過仕立て」3種と今年ももうすぐ大試飲会!

0

     かなりガッカリしたので触れずにおこうかとも思いましたが、サッカー・

    アジアカップ決勝、日本代表がカタールに完敗したのはご存知の通りです。

     

    専門的には相手のセンターバック3枚に対し、日本の前線2人(大迫・南野)

    ではプレスがかからず、前半は中盤に好きにパスを通されて不利になったとか

    言われてますが、素人にはよくわかりません。

     

    とにかく日本は中3日でカタールは中2日での決勝だったので、言い訳の

    しようがありません。

     

    カタールは強かったです。

     

    しかし日本にはまだ香川選手や中島選手、昌子選手、鎌田選手…

    他にも今回参加してない有力選手がいます。

     

    6月のブラジルでのコパ・アメリカ(南米選手権)に次期ワールドカップ

    開催国のカタール共々招待されてます。

     

    親善試合とは違い、南米の強豪とガチで戦えるまたとない機会です。

     

    フルメンバー召集は難しいみたいですが、6月を楽しみにします。

     

     

    2月3日の節分。

     

    僕が20年以上暮らした関西の習慣だった「恵方巻き」がコンビニの仕掛けで

    いつの間にか全国区になりましたが、生まれも育ちも福岡のうちの両親は

    仕掛けられた「恵方巻き」には抵抗があるようで、豆まきだけしています。

     

    それでいいと思うんです。

     

    テレビの節分の恵方巻きの報道や特集にもある種の押し付けがましさや、

    見えない何らかの力を感じます。

     

    福岡からも「めんたいこ」「ラーメン」「もつ鍋」「水炊き」が全国区となり、

    近年では「うどん発祥の地」とか言われてますが、古くから福岡で親しまれて

    いるのに一向に福岡を出ない食べ物もあります。

     

    海外からの観光客が興味を持ったという話も聞きません。

     

    「おきうと」

     

    口に出すときは「おきゅうと」と発音します。

     

    海藻から作られてますが「ところてん」とは明らかに違います。

     

    生ものですし鰹節や醤油をかけたら「それなりに美味しい」ですが、それ自体が

    わかりやすい味じゃありませんし、濃くわかりやすい味が受け入れられやすい

    ご時世なので(日本人がバカ舌化しているとも思いますが…)、「仕掛け人」も

    全国展開する旨味を感じないのではないでしょうか?

     

    結論…福岡の初詣「三社詣り」のようなもので、その土地土地の習慣を何でも

    かんでも全国区にする必要はないと思います。

     

    地味でもその土地その土地だけの食文化があっていいと思います。

     

    その土地の食べ物に合う地酒や地焼酎があるように…

     

    ただ、地元の人が大事にしてくれないと生産者が食べていけず廃れてしまうので、

    「地産地消」は綺麗事ばかりじゃ済まない話でもありますね。

     

     

    今年ももうすぐ開催されます。

     

    試飲会の時間が短くなり、一般の方の入場人数に制限が設けられましたが、

    例年の「飲み放題化」した狂騒状態には対策が必要だと思っていましたので、

    致し方ないところです。

     

    今回は「さつま寿」「神座」の尾込商店さんは「何かの手違い」で(笑)不参加

    ですが、またレポートします。

     

     

    この大試飲会に今年も参加する指宿市の吉永酒造さんの

    「利八」シリーズの新酒が3種類が2月中旬に入荷予定です。

     

    昨年末には「新酒以前」ともいえる蒸留したての無濾過焼酎を

    白麹・黒麹と2種類蔵出ししましたが、ガス臭を落ち着かせ軽く

    濾過をかけた今回の焼酎がレギュラーの「利八」の正式?の

    新酒といえるかも知れません。

    レギュラー酒の「利八」は白黒問わず、熟成された貯蔵酒を基に
    出来上がった新酒を継ぎ足し継ぎ足しされた「仕継酒」として
    現在の風味を醸し出していますが、あえて濾過したての新酒を
    そのまま味わってもらうべく瓶詰め・出荷されます。

    (写真は濾過の工程です)

     

    前年秋から冬にかけて仕込んだ新酒のみを瓶詰めしていますので、

    仮にその年の出来が良くなくても調整がきかない恐さはありますが、

    あえて世に問うてます。

    実は今季の「利八」、無濾過の段階からすこぶる評判が良いのです。

     

    当然、濾過したての新酒は間違いなく美味しい筈です!

     

    芋焼酎 利八新酒「ろ過仕立て」白麹(左)
    鹿児島県指宿市 吉永酒造

    原材料 さつまいも(南薩産コガネセンガン)
        米麹(国産米・白麹)
    アルコール度数 25度

    1.8L 1905円(税込み2057円)



    利八新酒「ろ過仕立て」黒麹(中央)
    1.8L 2000円(税込み2160円)


    利八新酒「ろ過仕立て」ジョイホワイト(右)

    原材料 さつまいも(南薩産ジョイホワイト)
        米麹(国産米・黒麹)

    1.8L 2095円(税込み2263円)

    焼酎用に開発されたジョイホワイト(農林44号)

    ジョイホワイトで醸した上質の焼酎の味わいは
    ロックや水割りが定番のように思われていますが、
    これは骨太で
    お湯割りでも美味しくいただける

    「利八」シリーズのジョイホワイトです。

    ご予約も承ります。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    利八新酒ドォ〜ムです。
    とあるぉ方からのススメで
    黒麹を求めてお邪魔予定・・
    ソレにしても瀧山さんだけ
    キメ顔ってのがなんとも・・・
    ハイ!(爆)
    蔵さん

    本文では触れませんでしたが、今期の黒麹は絶品だと
    噂ですね^^
    尾込さんとこも何か含むところがあっての不参加では
    ないので、来年は登場するでしょう。
    • 原酒店
    • 2019/02/05 12:23 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • 「知覧Tea酎」再入荷とダイエットの必要性
      原酒店 (04/07)
    • 「知覧Tea酎」再入荷とダイエットの必要性
      蔵。 (04/06)
    • 「橙華」…お花見にバッチリ合う華やかな芋焼酎
      原酒店 (03/31)
    • 「橙華」…お花見にバッチリ合う華やかな芋焼酎
      蔵。 (03/31)
    • 「さつま寿 桜」入荷とジミロン君、謎の添い寝
      原酒店 (03/25)
    • 「さつま寿 桜」入荷とジミロン君、謎の添い寝
      蔵。 (03/24)
    • まずは「山猪」入荷!まもなく「さつま寿 桜」
      原酒店 (03/16)
    • まずは「山猪」入荷!まもなく「さつま寿 桜」
      蔵。 (03/15)
    • まもなく下山!亥年の「山猪」
      原酒店 (03/08)
    • まもなく下山!亥年の「山猪」
      蔵。 (03/07)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM