まもなく下山!亥年の「山猪」

0

     待ったなしの確定申告。

     

    今週中に帳簿入力を終わらせるべく、

    火がついた尻でパソコンに向かってます。

     

    帰りの車中、久し振りに聴いたこの曲が耳から離れず、

    疲れを癒してくれてます。

     

    「寝た子を起こす子守唄」

     

    作詞 阿木耀子  作曲 宇崎竜堂

     

    カバーの加藤登紀子さんがよく知られていて流石に

    上手いなぁと思いますが、オリジナルの豊島たづみ

    さんもいい味があります。

     

    https://www.youtube.com/watch?v=mh7g-GILhpA

     

    待ったなしとは言いながら、3月3日(日)小倉にて僕の

    古巣の南河内万歳一座と、ここ数年の福岡公演は必ず観てる

    空晴(からっぱれ)の合同公演「隠れ家」を観てきました。

     

    滅法面白い芝居だったので珍しく上演台本を買って帰りました。

     

     

     

    亥年の年男?焼酎「山猪」、まもなく山から下りてきて

    皆様の前に姿を現します。

     

    「さつま寿 桜」同様、ご予約も承ってます。

     

    芋焼酎 山猪(やまじし)

    宮崎県小林市須木 すき酒造

    原材料 甘藷(ジョイホワイト)・米麹(国産米・白麹)
    アルコール度数 25度

    1.8L  2200円(税込み2376円)

     

    年男の杜氏さんが造った「山猪」。

     

    今年の出来は香りもあり、旨味もあり、余韻も長く続き

    亥年にふさわしい味わいになったと蔵元さんも自負しています。

     

    通常の焼酎(右)と比べると濁りもしっかりわかります。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    下山ドォ〜ムです。
    先日密やかにお邪魔し
    新酒利八黒を分けていただきましたので
    来週にでも味わわせていただきます。
    また鳥肌とコラボもするでしょう・・
    ハイ!(笑)
    蔵さん

    毎度密やかにありがとうございます。

    利八の美味しさをもっと広く伝えていきたいと
    思ってますが、あのイケメン杜氏兼若社長と
    カルト的人気の鳥肌氏とのコラボってのは…

    相性ってありますしね(笑)
    • 原酒店
    • 2019/03/08 3:57 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM