「利八 浜小町30°」とチャチャイ、推定1歳の誕生日

0

     長い連休も終わってしまうとあっという間の気がします。

     

    店を開けずに午前と夕方だけの配達の日も数日あったので、

    連休はなくてもそれなりにノンビリできました。

     

    福岡のGWといえば200万人以上集まるといわれる博多どんたく。

     

    例年通り人混みを避けたので、僕の博多どんたくは

    配達中にすれ違う花自動車を眺めるだけ。

     

    参加すれば面白いと思いますよ、地元民としては…(笑)

     

    そんな連休中の5月4日(土)の昼ごろ、僕の劇団時代の

    直接の後輩ではありませんが、後輩筋の役者さんから

    「福岡に来てます」との連絡。

     

    お互いに時間をやり繰りして夕方に件の女性2名がご来店。

     

    ののちゃんは一昨年に熊本まで芝居を観に行ったけど、同じ

    舞台に立ったことのある千ちゃんは20年振り位じゃないかな?

     

    「焼酎亭一門」という役者の落語一門を立ち上げた2人は、

    仲間の宮川サキさんの一人芝居のツアーに帯同して福岡に

    来たそうです。

     

    E子さんと外食後、千ちゃんと共通の友人のバンドネオン奏者の

    川波幸恵さんを急遽引き連れて宮川さんの初日打ち上げに合流。

     

    そんな流れで5月5日(日)、冷泉荘という芝居小屋ではなく

    アートスペースにて「宮川サキのキャラクター大図鑑」を

    観に行ってきました。

     

    何と説明したらいいでしょう?

     

    一人芝居をやる役者さんで下手な人なんて見たことも

    聞いたこともありませんが、やはり達者な役者さんです。

     

    「女版・イッセー尾形」と形容するのは安直過ぎるかも

    知れませんが、とにかく面白かったです。

     

    開場時から客席を盛り上げてくれた福岡の劇団PA!ZOOの

    お掃除おばちゃん2人と宮川さん。

     

    また観に行きたいと思いました。

     

     

    そして同じ5月5日、「悪童」チャチャイ(♂)

    推定1歳の誕生祝い?をしました。

     

    昨年夏、台風と西日本豪雨の合間の晴れ間、

    7月4日に姪浜のスーパーの駐車場の車の下から

    E子さんが保護したチャチャイ。

     

    猫の病院に連れて行くと衰弱していると診断されましたが、

    その時が生後2ヶ月くらいとの事。

     

    その後の成長と悪行はここに記す通りですが、連休中の

    この日あたりが誕生日だと思われます。

     

    最近は悪さに目をつぶり終日ケージから出して、

    室内放し飼いにしています。

     

    テレビ周囲のバリケード。

     

    少しはマシになった気もしますが悪さは相変わらずで、

    テレビの裏に入ってテレビを何度も倒して大喜び!

     

    喜んでもらっても困ります。

     

    よってこの処置。

     

    いつもはケンカばかりしているジミロン君

    (♂推定5歳・誕生日不詳)と珍しく仲良く監視員。

     

    ジミロン君は先日、2年数ヶ月振りに数時間の脱走。

     

    一度味をしめると出たがるんですよね(汗)

     

    チャチャイは1歳を前にして既に体重5kgに達したので、

    餌の量を2割ほど減らしてダイエット中ですが、誕生日は

    塩分抜きイリコがついたスペシャルディナー。

     

    チャチャイ感激!の筈でしたが…

     

    興味を持って見てましたが、喜んで食べたのは

    ジミロン君の方でした。

     

     

     

    さて仕事仕事! 今回の本題です。

     

    「利八」の吉永酒造さんが連休明けに

    面白い芋焼酎を蔵出しします。

     

    手前が杜氏兼社長の吉永章一さんで、奥は弊ブログでは

    お馴染みの?Sさん。

     

    令和元年5月1日に瓶詰めされました。

     

    芋焼酎  利八 浜小町 30°

     

    鹿児島県指宿市  吉永酒造

     

    原材料  米麹(国産米・黒麹)・サツマイモ(ハマコマチ)

    鹿児島2号酵母使用   アルコール度数 30度 

     

    720ml  1869円(税込み 2019円)

     

     

    原料芋は「ハマコマチ」(農林58号)

     

    カロテンを多く含み「人参芋」と呼ばれ果実を思わせる中身ですが、

    糖度が高く「干し芋」になる事が多いようです。

     

    糖度が高いのでアルコール収量が多く、焼酎造りに適している

    芋だと素人は考えるのですが…

     

    デンプン量の問題でしょうか?

     

    アルコール収量が悪くコストもかかるそうです。

     

    水分が多い芋で「コガネセンガン」と同じ要領で蒸すとベチャっと

    蒸し上がってしまい、粉砕器にかけるとペースト状になってしまう

    ので、蒸しが難しいとの事です。

     

    しかし焼酎自体の出来はかなりいいようで、あえてアルコール度数

    30度に仕上げた「浜小町」には期待が膨らみます。

     

    紅茶を思わせる香りと、とろりとした甘みが特徴の「浜小町」。

     

    間もなく入荷予定なので、試飲してレポートします。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    農林58号ォ〜ムです。
    大石さんのところの『橙華』と
    飲み比べも面白そうですが
    懐具合が寂しいGW明けでございます。
    ハイ!(汗)
    蔵さん

    確かに飲み比べは楽しそうです^^

    懐が暖かくなってからでも、大丈夫
    だと思いますよ。

    そんなお客さんが殺到する酒屋じゃ
    ありませんし…(寂笑)
    • 原酒店
    • 2019/05/09 5:52 AM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM