「ラガヴーリン8年」と雨また雨の七夕

0

     7月4日未明からの九州南部の豪雨は、5日の小康状態から

    6日には九州北部に線状降水帯が北上しました。

     

    7日午前の配達中、中洲側から見た福岡市中心部を流れる那珂川。

     

    福岡市内は普通の大雨程度でしたが、県南部は酷い状況のようです。

     

    4日の豪雨で氾濫した熊本県南部の球磨川流域。

     

    ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、球磨川流域の人吉市や球磨郡は

    狭い地域に28もの蒸留所がある世界有数の蒸留所密集地帯です。

    まだ具体的な被害状況が不明ですが、無傷で済んだ蔵元さんは殆ど無いかと

    思われます。

     

    コロナ禍に加えての豪雨なので、たんこぶの上にたんこぶが出来た状態で、

    呆然として思考停止に陥ってしまいそうです。

     

    そうは言っても今後、微力ながら何らかの支援をしたいと考えています。

     

     

     

    疫病+自然災害で商売上がったりの原酒店ですが、泣いてても怒っていても

    何も始まりません。

     

    いつもは和酒中心の紹介をしていますが、洋酒も少しは扱っていますよ(笑)

     

    たまには気分を変えて、今回案内するのはスコッチウイスキーでも個性的な

    シングルモルトの蒸留所が揃うアイラ島の「ラガヴーリン8年」です。

     

    スコッチウイスキー  ラガヴーリン8年

     

    英・スコットランド・アイラ島  ラガヴーリン蒸留所

    アルコール度数  48度

     

    700ML  5400円(税込み5940円)

     

    ウイスキーに関してはさほど詳しくない僕は現在勉強中ですが、

    詳しく書くと小冊子一冊くらいにはなりそうなので、今回はごく

    簡単に記しておきます。

     

     

    ラガヴーリンとは、ゲール語で<水車のある窪地>の意味。

     

    ピート香重厚で、強烈。ボディも非常に重量感に富んでいます。

     

    そのパワフルでエレガントな味わいは、モルト入門者にはあまり

    お薦めできませんが、モルトウィスキーを飲み続けると

    必ずラガヴーリンに行き当たるほどの銘酒です。

     

    そのラガヴーリンの限定品。

     

    ラガヴーリン蒸留所の創業は1816年。

     

    2016年に200周年=バイセンテナリーを迎えたラガヴーリンの

    記念ボトルです。

     

    このバイセンテナリーボトルは、

    1887年に世界初のウイスキーライターのアルフレッド・バーナードが

    ラガヴーリン蒸留所を訪れ、8年熟成のサンプルをテイスティングした際に

    絶賛した故事にちなみ特別にボトリングされました。

     

    世界中から好評を得て、2018年に定番商品として発売。

    2016年に発売された限定品ではありません。

     

     

    英連邦北部のスコットランドはご存知、ウイスキーの一大産地です。

     

    そのスコットランドの中でもシングルモルトの産地は

    大きく6つに分かれます。

     

    「ラガヴーリン」は強烈な「ピート香」で知られる

    「アイラ」の代表的な蒸留所です。

     

    「ピート香」の「ピート」とは石炭になる手前の泥炭の事で、発芽させた

    原料の麦芽を泥炭を焚いて乾燥させるのです。

     

    その際に麦芽に着く「正露丸」や「ヨードチンキ」と形容される「ピート香」と、

    沿岸部特有の磯の香りが「アイラ」のシングルモルトの特徴です。

     

    「ポットスチル」というウイスキーの蒸留器。

     

    ウイスキーは基本2回蒸留で高い度数のアルコールを取り出します。

     

    ウイスキーの造りはこんな簡単な説明じゃ全く不十分なので、

    改めてウイスキーは勉強しながら原料の部分から書こうと思います。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    昔は16年物が(スコッチの中では)一番好きで、よく飲んでいました。

    スコッチウイスキー参考書は土屋守の著書を読めば良いかと。知恵の森文庫のものが一番手軽かと思います。
    • 蔵人もどき
    • 2020/07/11 3:39 AM
    蔵人もどきさん

    本当はスコットランドやケンタッキーに行って
    実際に蒸留所を見たいところですが、生きてる間に
    実現するかはなはだ怪しいので、お勧めの書物を
    参考にさせてもらいます。
    • 原酒店
    • 2020/07/11 7:46 PM
    遅ればせながら文蔵の木下醸造所もこの近くなので
    被害がなければいいのですが。
    • w
    • 2020/07/23 1:32 PM
    wさん

    大和一酒造さんと淵田酒造さんが壊滅的な被害で、
    それ以外の被害の大小はあっても、無傷のところは
    ないみたいですね。

    県外からはボランティアも受け入れ難いようで、
    もどかしいところです。
    • 原酒店
    • 2020/07/24 3:33 AM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • ロックで美味しい「繁桝 辛口純米吟醸 壱火」と「ちいさい夏」
      蔵人もどき (08/09)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      原酒店 (08/02)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      蔵。 (08/01)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      原酒店 (08/01)
    • 宇宙焼酎「ゼットン」「バルタン」、そして夏本番…
      蔵人もどき (08/01)
    • 「破壊王」と「夏のみ千鶴」と高い緊張感?
      原酒店 (07/25)
    • 「破壊王」と「夏のみ千鶴」と高い緊張感?
      蔵。 (07/24)
    • 「寒北斗 純米 超辛口 試験醸造」と祝日も「角打ち未満」やります!
      原酒店 (07/24)
    • 「ラガヴーリン8年」と雨また雨の七夕
      原酒店 (07/24)
    • 「ラガヴーリン8年」と雨また雨の七夕
      w (07/23)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM