ロックで美味しい「繁桝 辛口純米吟醸 壱火」と「ちいさい夏」

0

     梅雨が明け8月になり朝から蝉が喧しい程鳴いています。

     

    気温も遂に…体力・気力の限界点35℃を超えました。

     

    35℃以上は僕は無理ですって!

     

    福岡から姿を消してどこか避暑にでも行きたいところですが、

    消えたら家族も猫もご飯を食べれなくなるので今は我慢します。

     

     

    お盆休みのお知らせをします。

     

    8月14日(金)・15日(土)・16日(日)の3日間、

    「角打ち未満」も含めてお休みをいただきます。

     

    8月10日(月・山の日)もお休みをいただくので、この週は

    11日(火)・12日(水)・13日(木)が営業日になります。

     

     

    それにしても2020年はまだ半分近く残っていますが、

    耐えなきゃいけない事が多すぎる、そんな年になりました。

     

    明るい話題が少ない中、耐えに耐えて再び大きな花を咲かせた

    この人を見習いましょうか。

     

    大相撲7月場所で復活優勝を遂げた照ノ富士関。

     

    いずれ横綱になる大器と誰もが疑わなかった大関昇進の頃。

     

    両膝の怪我と糖尿病で番付を下から2番目の序二段まで

    落とし、「辞めさせてくれ」と親方に数回直訴。

     

    「まずは体を治せ」と説得され現役続行。

     

    徐々に体と番付を戻し、再入幕での幕尻優勝。

     

    大関から序二段というと会社でいえば、重役が降格に

    降格を繰り返して遂にアルバイトになり、屈辱に耐えつつ

    再び昇進して管理職に復帰したってところですか。

     

    素質も素材も一流でしょうが、それにしてもメンタルが凄い!

     

    コロナじゃ…暑さじゃ…と凹んでいられませんね!

     

     

    とはいえ、新型コロナウイルス感染者が再び急増して

    福岡県では独自に「福岡コロナ警報」を発動して、

    感染症対策が不十分な店に休業を要請する方針のようです。

     

    サトウハチロウさん作詞の「ちいさい秋みつけた」という

    童謡がありますが、秋はともかく夏は開放的でスケール感があり

    「ちいさい」という表現はそぐわない気がしますが、今年は

    色んな事を我慢して「ちいさい夏」でいくべきでしょうね。

     

     

    先日、友人のバンドネオン奏者の川波幸恵さんが

    ごく少人数だけ集めた小さなライブをやりました♪

     

    小さくても楽しい夏の過ごし方を見つけながら

    この暑さをやり過ごしていきたいと思っています。

     

    そして「福岡コロナ警報」にかからない程度の小さな角打ち、

    週末限定「角打ち未満」、今週もやります!

     

    8月7日(金)・8日(土) 18:00〜22:30

     

    日本酒・焼酎ほかに暑さをしのげる他にはない(筈の)、

    オリジナルのハイボールを数種類ご用意しています。

     

     

    今回紹介するお酒は新商品ですが、先々週から「角打ち未満」デビューを

    果たしていて、氷を1つ2つ入れたロックでも美味しいと好評のお酒です。

     

    繁桝 辛口純米吟醸 壱火

     

    福岡県八女市 高橋商店

     

    原材料  米・米麹    精米歩合 55%

    日本酒度  +9〜+10  アルコール度数 17度

     

    720ML  1250円(税込み1375円)

     

    1回火入れで「壱火」です。

     

    日本酒度からすると超辛口といえますが、アルコール度数も17度と

    高いので蔵元さんもロックをおすすめしています。

     

    氷を入れるとキリッとした表情から優しい表情に変わるのが不思議です。

     

    そのまま飲んで、氷を入れて飲んで「味変」を楽しんでみてください。

    >>ホームページ掲載商品のオーダーについてはこちらをごらんください。



    コメント
    一日2Lの水分を摂れば、痛風予防にもなるそうです。ミネラル摂取もお忘れなく。

    精米歩合から、お米は夢一献かと思いますが、吟醸酒かつアルコール度数等のスペックだけを鑑みても相当コスパ高いですね。
    「壱火」とありますが「早めのひやおろし」と考えていいんでしょうか?
    • 蔵人もどき
    • 2020/08/09 7:07 PM
    蔵人もどきさん

    高橋酒造さんは「本当にこれで大丈夫?」
    という価格設定をしてきますね。

    地元消費を大切に考えているのでしょうか?

    夏は植木鉢のように水分を採って
    ますが、ミネラル分を忘れないように
    しとかないとバテますよね。
    (既にバテてますが…)
    • 原酒店
    • 2020/08/10 1:14 AM
    蔵人もどきさん

    早めの冷や下ろしという解釈で間違いないでしょうね!
    • 原酒店
    • 2020/08/10 1:16 AM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    最新の投稿

    カテゴリー

    月別の投稿

    最近のコメント

    • 「あくね日和」「白濁無濾過 鶴見」と秋の休日
      原酒店 (09/24)
    • 「あくね日和」「白濁無濾過 鶴見」と秋の休日
      蔵。 (09/24)
    • 「玉の井 純米 ひやおろし」と「これまで経験した事のない」台風10号
      原酒店 (09/09)
    • 「玉の井 純米 ひやおろし」と「これまで経験した事のない」台風10号
      蔵人もどき (09/08)
    • 「大和桜 new classic」とお疲れ様!「激闘王」八重樫東
      原酒店 (09/04)
    • 「大和桜 new classic」とお疲れ様!「激闘王」八重樫東
      蔵。 (09/04)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      原酒店 (08/15)
    • 秘境・高千穂の「暁」、味わい深い米焼酎
      w (08/15)

    おすすめリンク

    プロフィール

    このブログ内を検索

    携帯サイト

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM